【10月号】

みどり野幼稚園長 黒崎一枝

大切にしたいこと,伝えていきたいこと

 朝晩の涼しさに季節の移り変わりを実感する頃となりました。とは言え、日中はまだまだ気温も高く、運動会の練習を終えた子どもたちが、頬を真っ赤にしてお部屋に戻ってきます。10月5日(土)、子どもたちの楽しみにしている運動会がすみれが丘小学校の校庭をお借りして行われます。子どもたち皆が元気にお遊技や競技に思い切り力が発揮できますよう、どうぞお子様の体調管理等、ご配慮いただきますようよろしくお願いいたします。
 さて、私事ですが、先日、秋桜が満開の東北の地を訪れ、みちのくの寺を巡ってきました。日本三景の一つにも選ばれている松島湾を前に鎮座する瑞巌寺では、本殿に続く参道の杉の木が、東日本大震災の津波による塩害で、その両側にあるはずの杉並木が片側だけになってしまっており、傍らには「津波到達地点」と書かれたプレートが立てられていました。ここ松島は、湾に浮かぶいくつもの島に守られ、他の被災地に比べて震災の被害はずっと少なかったそうですが、この光景を目の当たりにし、当時のことが鮮烈な記憶として甦ってきました。
 2011年3月11日に発生した東日本大震災。宮城県石巻市大川小学校では74人の子どもたちと10人の先生が命を落としました。お母さんたちは必至に瓦礫を運び遺体を探しました。そのお母さんたちの手で、大川小学校を見下ろす小高い丘にひまわりの種を蒔いたそうです。そこは、種を蒔いたところで育つかどうかわからない、海水をかぶり塩をたくさん含んだ土でした。しかし、遺族の方々の必死の世話のすえ、その夏、大川小学校の方を向いたひまわりがいっぱい咲いたそうです。なんと、この向日葵、石巻と交流を深めている横浜の学校の花壇でも、夏に大きな花を咲かせ、思いを繋いでいるそうです。
 今、これまでの積み重ねの上に存在する「今」。今回、改めて、過去に学ぶ気持ち・姿勢の大切さ、そして、これからに伝え繋げていくことの大切さを考える機会となりました。
 10月は、運動会が終わると開園記念式、ズーラシアへの遠足、そして、お芋掘りが11月にかけて計画されています。子どもたちの笑顔がさらに輝く充実した10月にしてまいりたいと思います。引き続き、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

○10月より自転車損害賠償責任保険等への加入が義務化されます!
 すでにご承知のことと思いますが、自転車利用者(お子様が利用する場合には保護者)に自転車損害賠償責任保険等への加入が10月より義務づけられます。この自転車損害賠償責任保険等とは、他人に対して生命または身体を害した場合に損害を補償することができる保険または共済のことです。自転車の乗り方につきましては、これまでも皆様に注意を促してまいりましたが、未だ危ない思いをしたと言った個人からの連絡や、マンションの管理会社からの電話など、苦情が幼稚園に寄せられています。是非、お子様の手本となる自転車の乗り方を心がけていただきますようお願いします。


今までのおたよりはこちら

○みどり野幼稚園・未就園児対象園庭開放日○

 月に一度、未就園児の方対象に、みどり野幼稚園のお砂場とふたばルーム(別館1階・2歳児ふたば教室のお部屋)を開放します。天気の良い日はもちろん、雨の日もお部屋の中で遊ぶことが出来ます。お友達を誘って、是非遊びにいらしてください。
 10月は下記の日を予定しております。
   <日時> 10月1日(火) 10時~11時


今年度のふたば教室募集要項はこちら

みどり野幼稚園の様子を、写真にてお送りします(写真毎で年度が違う場合がございます)。
クリックすると拡大されます。

花まつり

音楽会

お泊り会

運動会

お別れ遠足

卒園式

top